1. HOME>
  2. 産業・建設>
  3. 農業

農業

農業の概要

★農業データ (農林水産省/統計情報)

●水 稲
稲作経営は、様似川流域の平坦地を中心に作付けされ、昭和43年の184ha、84戸がピークで、減反政策が進められた昭和45年には117ha、現在はピーク時の15%程度の26ha、11戸の作付けに減少し、その大半は家畜の飼料用牧草地に転換利用されています。また、粗生産額もピーク時の164,000千円から現在は20,000千円程度に減少しています。
●野 菜
いちごを中心とした施設栽培が本格化したのは、平成2年の16戸がはじまりで、現在は12戸の農家が取り組んでいます。いちごは広域出荷体制により、ほとんどが札幌市場へ出荷していますが、粗生産額は平成7年の77,000千円をピークに減少傾向にあります。
●飼料作物
昭和45年の減反政策と相まって飼料作物の作付面積は急激に増加し、本町の耕作面積の90%以上を占めていることから、畜産業と連携し安定的な発展を期すため、大家畜の飼養動向に即した良質且つ低コストの粗飼料を安定的に供給し、自給率の向上に努めています。
●軽 種 馬
馬産地としての歴史は浅く、昭和30年に軽種馬生産がはじまり36年までは1牧場でしたが、水稲減反政策と相まって急激に繁栄しました。しかし、そのほとんどが水田や酪農との複合経営からの移行で企業的経営者が少ないのが特徴です。現在は39牧場510頭の飼養であり、農業総生産額の80%程度を占めています。こうした軽種馬生産は、稲作とともに基幹作目として、経済の発展に重要な役割を果たしてきましたが、近年、経済情勢の悪化に伴い競走馬の流通不振及び外国産馬の出走制限緩和策など厳しい時代を迎えています。
●肉 用 牛
肉用牛生産は、これまで乳用牡牛を主体とした複合経営でしたが、昭和61年より新富地区の再開発に伴う大規模化により肉用種が導入され、自然放牧を主体とした特徴ある牛肉生産を繁殖から肥育までの一貫生産体制のもと進められています。
■農家戸数、農業就業者数、農用地面積等
区分 平成12年度 平成22年度 伸長率 平成16年度
農家戸数 146戸 110戸 75.3%
農家人口 519人 400人 77.1%
農業就業者 318人 240人 75.5%
耕地面積 1,080ha 1,040ha 96.3% 1,040ha
 ・水稲 30ha 25ha 83.3% 26ha
 ・普通畑 52ha 40ha 76.9% 38ha
 ・牧草畑 998ha 975ha 97.7% 976ha
■農業生産額

(単位 千万円)

区分 平成12年度 平成22年度 伸長率 平成15年度
水稲 3 3 100.0% 2
酪農 6 6 100.0% 7
軽種馬 98 72 73.5% 68
肉用牛 6 7 116.7% 6
野菜他 6 7 116.7% 5
合計 119 95 79.8% 88

産業・建設