1. HOME>
  2. まちの紹介>
  3. 定住移住情報

定住移住情報

市町村名 (さま) 似(に) 町(ちょう) ~アポイの樹風(こかぜ)呼ぶまち~
役場所在地 〒058-8501
北海道様似郡様似町大通1丁目21番地
首都圏からのアクセス
  • 羽田空港から新千歳空港まで
    飛行機で約1時間30分 ⇒ 新千歳空港から車で約3時間
  • 羽田空港から帯広空港まで
    飛行機で約1時間35分 ⇒ 帯広空港から車で約2時間
移住相談
ワンストップ窓口

私たちが責任を持って、ご相談に対応させて戴きます。

担当部署: 総務課 企画財政係

担当者氏名 主な担当者~ 佐々木 将貢

他の担当者~木下 行宏 、中村 将志

TEL 0146-36-2111 内線 213

①まちの概要やセールスポイント

人口 4,724人(平成26年3月末現在)
人口密度  13.0人/k㎡
高齢者比率  34.46%
65歳以上  1,596人

前面に豊かな太平洋を望み、背後に日高山脈を控えたまち、それが"さまに町"です。
まちの90%以上が森林であり、また丘陵地帯が太平洋に迫っていることから"北海道らしい"平野の広がりはありませんが、この自然条件が、高山植物の宝庫アポイ岳に代表される美しい自然景観を形成するとともに、自然相手の第一次産業を育み、まちを発展させてきました。
さらに、2008年、アポイのかんらん岩や高山植物など学術的に貴重な自然が評価され、「アポイ岳ジオパーク」として、日本ジオパークに認定されました。
現在は「世界ジオパーク」加盟を目指した取り組みをしており、2014年8月には日本ジオパーク委員会より推薦されたところです。

さまにのポイント

  • 都市部や有名観光地から離れているため、静かな自然に囲まれています。
  • 国道から1kmほどの地域には、サラブレッドが草を食む牧場が広がっています。
  • 海釣りや海水浴から登山、山菜取りなど季節ごとの楽しみがいっぱいです。
  • 夏は涼しく、冬は暖かい気候で、積雪量は北海道内で最も少ない地域です。
  • 季節ごとに表情を変える「様似八景」と言われる美しい景観が楽しめます。(詳しくはこちら
②住まい情報

町内には大規模な未利用地が少ないため、分譲された宅地等はありませんが、公営住宅や民間アパートなどが整備されています。

さまにのポイント

【下記は平成26年4月現在の状況です】

  • 公営住宅数 ⇒ 356戸あります。(申し込みはお問い合わせください)
  • 主な民間アパートなどの空室状況 ⇒ 126戸中28戸空いています。
③安心して元気に暮らす

町内の医療機関は、医院が1カ所、歯科医院が2カ所開業しています。
また、民間が運営する特別養護老人ホームと老人福祉寮が1カ所ずつあります。

さまにのポイント

【下記は平成26年4月現在の状況です】

  • 医療機関における主な診療科目~内科

安心ハウス(入居一時金が低額で、概ね年金の範囲内で暮らせる食事・介護付きの民間施設) 無

④楽しく暮らす

様似町では、遊びの舞台も当然「大自然」です。パークゴルフや登山はもちろん釣り、山菜採りなど知れば知るほどバリエーションが広がります。
また、「生涯スポーツの町」として体育施設も充実し、スポーツも盛んです。

さまにのポイント

  • 海で!山で!川で!楽しい遊びが広がります
  • 誰でも楽しめ、全道に広がりつつあるスポーツ「テニポン」は、様似が発祥です(詳しくはこちら
⑤便利に暮らす

夏涼しく、冬暖かい気候で、普段の生活に支障ありませんが、何でも手に入るような「都会的便利さ」とは、かけ離れたまちです。

ただし、スーパーマーケットやコンビニ、地元の海の幸、山の幸を買うことができる商店がありますし、ショッピングセンターなどがある近隣町市街地までは自家用車で30分程度となっています。

⑥その他

さまにのポイント

  • 春は元気に跳ねまわる子馬の姿が、夏には浜に干す昆布が、秋には溯上する秋鮭が、そして冬には越冬する白鳥などの渡り鳥達の様子がさまにの四季の代表的な風景です。
  • いわゆる海洋性気候で、夏の最高気温が30度を超えることはほとんどなく、冬の最低気温もマイナス10度を下回ることがほとんどありません。
    ちなみに、平成24年度の最高気温は約29度、最低気温は約マイナス13度、最も多い降雪は約22cmでした。

※さまにに関するお問い合わせについてはこちらへ ⇒ メール